woman to marriage
2014/01/23
より楽しいイベントにを更新しました。
2014/01/23
ネットで借りようを更新しました。
2014/01/23
買うか借りるかを更新しました。
2014/01/23
和装スタイルを更新しました。
2014/01/23
NGスタイルを更新しました。
2014/01/23
基本のスタイルを更新しました。
2014/01/23
和式を更新しました。
2014/01/23
洋式を更新しました。

出席の前に

古今東西、世界中で執り行われている結婚式。
国によってもそのスタイルは様々です。
日本では、和装をまとっての伝統的な神前結婚式に、西洋の挙式スタイルである教会結婚式があります。
一度きりの特別な機会とはいえ、数百万もの費用がかかる結婚式を行うのは、不況が続く現代において大変なことです。
最近では、数十万単位で挙げることができるものや、ホテルなどの定番の式場以外に、レストランウエディングやガーデンウエディングといったカジュアルなものなど、そのスタイルは時代のニーズに合わせて多様化してきています。

結婚式には様々なルールやマナーが存在し、ご両家や会場、時間、式の形式によっても変わります。
出席者は、ルールやマナーを確認した上で、それを守って出席することが必要となります。
特に気を配りたいのが身だしなみです。
会場や時間帯、ドレスコードに従って、式にふさわしいドレスをまとうことが求められます。
新郎新婦や両家の親族に失礼のないドレスを選ぶためにも、結婚式に着ていくドレスやバッグのマナーについて確認しておきましょう。

ドレスやアクセサリー、バッグといった必要な衣装はレンタルで気軽に借りることができます。
一定の機会にしか着ることのないドレスに高い金額をかけなくても、レンタルなら格安価格で毎回違ったものを身につけることができるのです。
インターネットショップを利用すれば、さらにお得に、簡単にレンタルできます。
結婚式に欠かせないドレスと、そのレンタルについてご紹介します。